エンジン警告灯が点灯したヴォクシーは修理する?売却する?

ミニバンはよく、運転席・助手席の乗り心地は良いけれど、
後部座席(2列目3列目)になると、
疲れるとか、突き上げがあるといった、
不満を良く目にしますよね。

ヴォクシーも確かに、ロードノイズはするし、
段差を超えたときにはがタントした衝撃が気になります。


けれども、ベンツみたいな高級車じゃないんだから、
このくらいは我慢できるレベルじゃないでしょうか?

嫁の運転でヴォクシー三列目に二時間乗ったこともありましたが、
思っていたほど乗り心地は悪くありませんでした。

どちらかというと、ステップワゴンに比べると
三列目シートは座面しっかりしている感じ。

足元も広いので疲れにくい気がします。


ステップワゴンに長く乗ってからヴォクシーに乗り換えたので、
単純に古い車と比較した場合の印象になるものの、
ヴォクシーを購入して「ここが許せない!」みたいな不満点は特にないまま
やはり長く乗り続けていました。


そんなある日のこと、
エンジン警告灯が点灯したまま消えないという
まさかのアクシデントが発生。

このブログではその時の様子をまとめています。






■エンジン警告灯の原因

エンジン警告灯が点灯するのは、
エンジン制御にかかわるセンサーの
どれか1つ以上に異常が生じているとのこと。

具体的には、

・O2センサー
・エアフローセンサー
・カム・クランク角度センサー
・イグニッション・センサー
・オーバーヒート

などなどあるものの、もっとも多いのは、

・O2センサー
・エアフローセンサー

のどちらかの異常。

O2センサーとは、
排気ガスに含まれる酸素濃度を測定し、
ガソリンが適切に燃焼されているかどうか?をチェック。

ガソリンの燃焼量をコントロールする
ために必要なセンサーです。


エアフローセンサーは、
エンジンに送る空気の量を測定します。

エンジンに適切に空気が入っていかないと、
最悪の場合、エンジンが止まることがあります。


ただ正確に原因を把握するには、
ディーラーに持ち込む必要があるとのこと。

エンジン故障の原因をチェックする専用の機械が、
その辺の整備工場はほとんど持っていないらしく、
ディーラーに持っていくのが確実、というわけです。



■交換費用はどのくらい?

友人にアドバイスしてもらったうえで、
ディーラーに持ち込んだところ、
O2センサーそのものが故障していることが判明。

車自体に異常が生じていなかったので、
ほっと一安心できたものの、問題は、
O2センサーの交換費用です。

部品代だけで3万円もする上に、
工賃が約2万円!
(作業時間3時間X6000円)


消費税込で5万円以上もするので、
ディーラーからは、

「下取りして乗り換えを検討してはどうですか?」

と提案されたんです。



■修理するか?売却するか?

02センサーの修理をせずに、
乗り続けるという選択肢もあります。

ただ、排気ガスの酸素濃度が分からないと、
マフラー内のキャタライザー(触媒)の
異常を事前に察知できなくなります。

キャタライザーの交換になると、
今度は30万円~50万円もの
費用が掛かるんだとか。汗


試しに、ディーラーで下取りをお願いしたところ、
【うちで新車に乗り換えてもらう】ことを条件に、
10万円で下取りしてくれると言ってくれました。


走行距離がすでに13万キロ以上も走っているし、
乗り始めてから10年以上になっています。

10万円は妥当なように感じたものの、
即決するのはちょっと怖かったので、
いったん、家に帰って元整備士の友達に、
また相談することにしました。



■一括見積サイトで高値がついた!

残念なことに、
友人は中古車の査定に関しては素人らしく、
いくらが妥当なのか?というのは、
見当がつかないとのこと。

というか、車の下取り・買取では、
どこに売却するかによって価格が大きく
上下するんだとか。

買取業者によって強みが違って、

・解体して部品を売るルートがある
・特定の車種に強い販売ルートがある
・海外への販路ルートが広い
・スクラップにしてなんでも売ってしまう

などなどの違いがあるんだとか。


つまり、良い買取業者が見つかれば、
思っている以上の価格がつくことも、
珍しくないんだとか。


友人に紹介してもらった一括見積サイトを使って、
さっそく複数業者へ見積もり依頼をしたところ、


安いところだと5万円
高いところだと25万円!!

何と20万円も差が出てしまいました。



5万円使って修理をしたとしても、
車の価値が5万円分高くなるわけじゃありません。

そう考えたら、
車の買取金額25万円と、
O2センサーの交換費用5万円を合わせた30万円を
新車の購入費用にあてたほうが良いという
結論に達しました。



僕の使った一括見積サイトはここです。

4つの項目と簡単な連絡先を入力するだけだったので、
スマホでも1分で見積もり依頼ができましたよ。
↓↓↓






ヴォクシーの悪質中古車買取業者の手口と対策

車を手放す時に中古車買取業者を利用しますが、このときに悪質な買取業者を活用すると買取りトラブルに巻き込まれることがあります。
中古車の買取り業界は高い需要があるので、中古車買取業者は数多く存在しており、それに比例して悪質業者も少なくはありません。
しかも大手だから安心というわけでもありません。知名度はどれだけ宣伝を大々的に行ったかの違いですので、宣伝をすれば知名度は自ずと得られます。
そのため、「大手=信頼」ではないという事は覚えておきましょう。では、実際に良くある買取りトラブルを見てみます。それは、「一括査定の査定金額で買い取ってもらえなかった」「無理やり契約させられた」「契約取り消しのキャンセル料金を取られた」「買取り金額を振り込んでもらえない」などがあります。
これらのトラブルは、一概に買取業者のせいで生じるものではありません。そのため、車を売る側も、きちんと車買取の知識を持っておく必要があるでしょう。まず、一括査定サイトは“概算査定”になるので正式な買取り金額ではありません。正式な買取り金額は業者スタッフに目視査定をしてもらう必要があります。ここは念頭においてください。その上で、目視査定の際に悪質業者を見極める必要があります。車の査定は一切無料で行うことができ、査定をしてもらったからと言って、その買取業者で必ず売却しなくてはいけないという事はありません。
悪質な業者は言葉巧みに契約に持ち込もうとします。また、「他社との査定比較をしないことを条件に査定金額を教えます」というよな、典型的な悪質なことを言う業者もいます。
しかし、あまりに素人ですと、言いなりになってしまう人もいるのです。悪質業者は、その無知に付け込みます。悪質業者に引っかからないためには、必要最低限の知識は持ってから査定依頼をするのがいいでしょう。
また、買取り契約を破棄にしてキャンセルしたいと言う場合は、キャンセル料金がかかる場合がありますが、このことについては事前に確認をとっておきましょう。
そして、買取り金額は振込みにしないことです。出来れば、その場で現金取引がいいですね。その上で、瑕疵担保責任についても学んでおきましょう。瑕疵担保責任とは、買取り契約成立後に「車に瑕疵が見つかったから、その負担分を保障してくれ」と買取業者が申し出てくることです。
これは良くある買取りトラブルです。悪質な業者はどこにいるか分かりません。気を張って、買取業者の査定を受けてください。